「第一回 赤米フォーラム」開催決定!

6月22日に岡山県総社市にて相川七瀬を中心とした「第一回 赤米フォーラム」を開催します。
テーマは「赤米神事からはじまる地域共創と総社の未来」
ファシリテーターに東博暢 (株式会社日本総合研究所 プリンシパル/内閣府 SIP SPD)、パネリストに片岡聡一(総社市市⻑) 、那須保友(岡山大学学⻑) 、中井徳太郎(前環境事務次官/日本製鉄顧問)、相川七瀬を迎え、祭りの役割を問い、現代社会に合わせどう再編集し、再配置するか?古来から伝承される赤米神事という文化を通じて、「自然環境」「地域と地球の未来」「総合知」「持続的で多様な幸せ」などの観点から総社市の未来をディスカッションします。
ご参加費は無料ですが、会場の座席の都合により参加者が多数の場合は椅子お座りになっての参加ができない場合がございます、ご了承ください。
公演中の写真撮影、録音は禁止とさせていただきます。

また、同日13:30より総社市備中国分寺南の田んぼにて「赤米の田植え」があります。
お時間がありましたら、ご覧いただければと思います。

第一回 赤米フォーラム
「赤米神事からはじまる地域共創と総社の未来」
日時:令和6年 6月22日(土) 11:00-12:30
会場:岡山県総社市国民宿舎サンロード吉備路 コンベンションホール
参加費:無料(自由参加)
主催:一般社団法人カルチャープラス
後援:総社市、岡山大学、日本製鉄

●第1部
10:30 受付開始
11:00-11:20 挨拶
11:00-11:05 片岡聡一(総社市市⻑)
11:05-11:20 相川七瀬(一般社団法人カルチャープラス会⻑)

●第2部
11:25-12:30 パネルディスカッション:
ファシリテーター:
東博暢 (株式会社日本総合研究所 プリンシパル/内閣府 SIP SPD)
パネリスト:
那須保友(岡山大学学⻑)

中井徳太郎(前環境事務次官/日本製鉄顧問)
片岡聡一(総社市⻑)
相川七瀬(一般社団法人カルチャープラス会⻑)

13:30-15:00 備中国分寺 南の田んぼにて「赤米田植え体験」が開催されます。